TRESOR Presents
【Jaytech Japan Tour】-in Fukuoka-
Supported by Landscape



◆Date
2012/08/18(sat) OPEN 17:00 CLOSE 1:00
会場:Club Selecta
住所⇒福岡市中央区舞鶴1-8-28 マジックスクエアビル3,4階
地図⇒http://www.mapion.co.jp/m/33.58966388_130.39676944_10/
※長浜公園向かいドラムB1の裏側

早割:2,500-(1D付)
早割登録に関しては、下記メールアドレスまでご連絡ください。
tresor.djb@gmail.com
※7/31(火)を早割登録の〆切とさせて頂きます。

GUEST:\3,000-(1D付)
DOOR:\3,500-(1D付)



◆Special Guest DJ
Jaytech(anjunadeep)

オーストラリア出身のJames Cayzerによるソロプロジェクト。
1985年にキャンベラ近郊の小さな街で生まれ育ったJaytechは、オーストラリアダンスシーンのパイオニア的存在であるAnthony Pappaによって開拓された土壌へと導かれるようにProgressiveシーンへと歩みを進め、2004年にデビュー作“Music 101”をリリース。この楽曲が世界中のコアなダンスフリーク達によって高い評価を得ると、彼の楽曲はMinistry of SoundやNettwerk、Sony、Armada Musicなど多くのメジャーなレコード会社によってライセンスされ、InfusionやLuke Chableらと並んで2000年代のオーストラリアのダンスシーンを牽引するアイコンへと急成長。2006年にはNick WarrenがA&Rを務めるカナダの名門Hope Recordingsより大ヒットシングル“Tomorrow”が発表され、Dave Seamanが担当したMix CDシリーズ“Renaissance The Masters Part 7”にコンパイルされた他、Tiestoが手がけたコンピレーションアルバム“In Search Of Sunrise 5”にもソロシングル“Genesis”が収録され、Jaytechの名前は瞬く間に世界中で知られる事となった。 その後はAbove & Beyondが運営するUKはAnjunabeatsのHouse・Progressive部門であるAnjunadeepへと移籍し、ボトムの効いたグルーヴとより磨きのかかったトランシーなサウンドを武器に現在までに多数のヒット作を世に送り出している。

http://www.jaytechmusic.com
http://soundcloud.com/jaytechmusic
http://www.facebook.com/jaytechofficial



◆DJ (Main Floor)
Barbie(TRESOR)
Hiroyuki(New Departure/Euphoria..*.☆)
Raynoa(New Departure)
KENBOW(HOUSEBOX)
STANLLIE(TRESOR)

◆DJ (Lounge Floor)
Shinichi (New Departure/Universe & Space)
and more...